お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



〜食と健康・28〜 白内障の手術


 <白内障の手術>
 白内障の手術の広告を見ると、白内障は簡単な手術です。
 早い人だと日帰りで、できますなどと書かれています。


 そういった新聞、広告にうたわせることによって白内障の手術は、
 簡単と言うことで、人によっては美容院や床屋に行くような感覚で
 白内障の手術を受けに行く人もいます。

 たしかに、白内障の手術は簡単になったのですが、実際、眼内レンズを
 身体の中に入れることは、身体によいことなのでしょうか?

 本来、人間はあるがまま姿が一番にもかかわらず、異物を入れるということは
 やはり良いことではないと思います。
 人によっては眼内レンズが100人中、100人すべての人にあうとは限りません。
 眼内レンズがあわないケースもあります。

 例えば、糖尿病の人です。
 糖尿病の人には、眼内レンズを入れること自体がふさわしくないケースも
 あります。
 なぜかと言うと、糖尿病患者の人は血液が「ドロドロ」しているからです。

 血液が、ドロドロしていると血が止まりにくいです。
 目に手術をする以上は、必ず出血します。
 出血することによって、そこから失明する原因がでてきますので白内障と
 診断されて必ず手術ができるかと言うとそういうわけではありません。

 また緑内障の人も眼内レンズを入れることはできません。
 ぶどう膜炎の人もできません。

 さらには心臓の弱い人は白内障の手術はむきません。
 ですから全ての人が、白内障の眼内レンズがむくわけではありません。

 例え、手術がOKの場合でも心臓の弱い人にいたっては、本当に自分が
 強いのか弱いのかはわかりません。
 手術をやってみないとわからないことなので、全員が成功するわけでは
 ないそうです。

 白内障の手術の成功率は100%ではありません。
 普通に何気なく受けに行った白内障の手術で必ず成功するという
 保障はないと言うことです。