お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



  〜食と健康・3〜 酵素不足による症状〜


 必ず大きな病気の前には前ぶれ症状があります。

 酵素が少なくなると、もうすぐ酵素がなくなってきて、病気が近づいていると
 体が体に信号という名の前ぶれ症状を必ず出してきます。

 この前ぶれ症状を、いかに気をつけて考えるか、考えないかで
 病気の大事にかかわってくると思います。


 <酵素不足による前ぶれ症状>

前ぶれ症状 スタミナ低下、脱力感、虚弱体質、食欲不振、貧血、冷え症、
立ちくらみ、目まい、水虫、下痢症、便秘症、耳なり、胃のもたれ、
風邪、夏バテ、痔、寒がり、肩こり、端息、背痛、腰痛、筋肉痛、
痛風、神経痛、不眠症、イライラ、生理痛、むくみ、肌あれ、
生理不順、頭痛、しもやけ、性欲減退、目のちらつき
軽度の病状 低血圧、高血圧、扁桃腺炎、関節痛、膀胱炎、尿道水、
慢性腎炎、結膜炎、リウマチ、白内障、緑内障、アトピー、
アレルギー
重度の病状 腎臓病、心臓病、肝臓病、癌

          国立九州大学・国立愛媛大学 データより




 〜病気の予防〜

 検査は予防ではありません!
 検査をしているからと言って、決して病気にならないという保証はありません。


 検査が本来の病気の予防かというと、そうではない。
 検査で予防ができているのであれば、ここまで病気は多くはありません。

 癌、心臓病、脳卒中、の病気が検査によって予防ができているのであれば、
 ここまで多くはありません。

 病気の人数が多い多いと言うけれど、どれだけ多いのかと言うと、
 10人の内、7〜8人は、生活習慣病でなくなります。
 裏を返せば、10人中、2〜3人は、長寿をまっとうしていることがわかります。

 この2〜3人は、上の7〜8人と何が違うのかと言うと、
 検査をしているから健康を維持できたわけではありません。
 しっかりとした病気に負けない予防をしていることです。

 予防というのは検査ではなくて、いかに健康のうちから
 病気に負けないような体質にしておくことが大切であります。