お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



  〜食と健康・1〜 病気になる原因


 今の時代、昔と違い病気の種類が多くなっています。
 この病気が多くなった8割の理由が、食にあると言われます。


 昔は自然食があたりまいでしたが、今の時代は食物添加剤?が入っていて
 あたりまいの時代になっています。
 その結果、病気の種類も30万種類と多くなってきたと言われています。

 かつて、老人病を言われていた病気がありました。
 それは、いつしか成人病と言われ、今の時代、生活習慣病を言われています。

 老人病と言われていた時代は、まさしく老人にしかならないと言われていました
 ので、老人病と言われていました。
 ですが、今の生活習慣病の場合、老人の人ばかりではなく、成人の人、
 あるいは、小さなお子さんでさえ、生活習慣病になることもあります。

 このように私たちの生活、食生活が変わると共に、病気も変わっていきます。


日本人の死亡原因 ベスト3

 1位 癌     約30万人
 2位 心臓病  約16万人
 3位 脳卒中  約15万人

<参考>
 交通事故    約1万人


 病気になる原因は何でしょう・・・。

 花粉症の場合。
  花粉症にかかってしまうと、人はあの杉の木が悪いと言います。
  しかし、よく考えてみると近くに杉の木が近くにある人でも、
  花粉症にならない人はなりません。

  これは、杉の木が悪いのではなく、その人の体質が原因です。

 風邪の場合。
  風邪をひくと、近くにいた咳をしていた人が悪いと思います。
  しかし、咳をしていた人が近くにいたとしても、風邪をひかない人は、
  風邪をひきません。

  これは、近くで咳をしていた人が悪いのではなく、その人の体質が原因です。

 では、病気にならないようにするには、どうすればよいのか?
 それは、病気に負けない体質を強くするこのが大切です。

 では、この体質とは何か?

 体質とは、
 体の中にある働きをする部分のことを言います。

 例えば、
 胃で消化する働き。小腸で吸収する働き。肝臓で分解・解毒・貯蓄する働き。
 心臓で運搬する働き。細胞で新陳代謝・組み立てする働き。腎臓でろ過する働き。

 これらの働きを行ってくれるものが、体の中にある酵素です。
 すなわち、酵素がその人の体質を決めているのです。

 この酵素が病気と健康の決め手となります。
 酵素は5000種類あると言われています。

 年齢が若かろうが体中の酵素が5000種類全て活発に働いていれば、
 「病気に負けないよい体質」ということになります。

 また反対に、5000種類の内、1つであったとしても働きが弱くなってきたら、
 「病気に負ける虚弱体質」ということになります。

 では、体の中の酵素が5000種類の内、0になってしまったらどうなるのか?
 酵素が0になってしまうと死んでしまいます。

 すなわち、体というのは、酵素がなければ生きていくことさえできなくなります。