お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



 〜食と健康・18〜 微小脳梗塞


 血管には太い血管もあれば、細い血管もあります。
 太い血管と細い血管では、もちろん細い血管の方がつまりやすいいです。

 細い血管が多いところは、首より上にたくさんあります。
 針よりも細い毛細血管がいっぱいあります。
 そこが動脈硬化されている方がつまりやすいです。

 そのことを微小脳梗塞と言います。

 40代、50代で微小脳梗塞になっている方が100人中、90%の方が首から上の
 毛細血管のどこかでつまっているそうです。

 では、なぜ血管がつまっても死なないのかをいうと、痛みがないからです。
 太い血管なら死んでしまいますが、細い血管だから痛みがない、気づくことも
 ないそうです。

 ところが、細い血管でつまってしまうと、痛み、命まで奪われませんが、
 記憶が奪われてしまいます。
 記憶がどんどん、薄れていってしまいます。

 だから今、痴呆症が増えてきました。
 血管の弱い方が増えてきたので痴呆症が増えてきたのです。

 〜微小脳梗塞〜
  (脳の細かい血管がつまる病気)

 なぜ怖い?
 ・細かい血管につまっても症状がでない。
 ・これを放っておくと、脳梗塞で倒れる可能性が高い。