お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



 〜食と健康・16〜 血管が原因の病気


 以前、日本の死亡原因ワースト3を書きました。
 1位 癌。2位 心臓病。3位 脳卒中です。

 では、これらの原因について考えてみます。
 癌の原因はいろいろありますが、まず免疫が低下することによっておこると
 言われています。
 簡単に言うと、この免疫はどこにあるのかと言うと血液の中に免疫があります。
 と言うことは、一言で言うと血液が原因で癌がおこりえるわけです。

 心臓病はなにが原因でおこりえるのかと言うと、血管がつまるか、切れるかで
 おこりえます。
 3位の脳卒中の原因も血管がつまるか、切れるかです。

 日本の死亡原因ワースト3の死亡人数は、
 癌 30万人、心臓病、16万人、脳卒中 15万人 になります。

 たしかに今、日本で一番多い病気は癌です。
 ところがなにが原因で亡くなっているのかと言うと、血管です。

 人間は生まれたときは、きれいな血管ですが、生まれてからいろいろなものを
 口にします。食べればどんどん悪いものが体にたまります。
 ですから血管にどんどんゴミがついていきます。
 これはなにがつくのかと言うと、コレストロールと言われるものです。
 コレストロールを食べ続けることによって血管の道がふさがれていきます。

 高コレストロール食品
  肉、卵、トロ、マグロ、ハマチ、イカ、エビ、カズノコ、ししゃも
  タラコ、レバー、すじこ、カレー、まんじゅう など。

 この血管が、かちこちになってコレストロールがたまる血管の病気を、
 動脈硬化と言います。

 今、心臓病、脳卒中の病気が多いのかと言うと、動脈硬化になっている人が
 多いからです。
 では、なんでここまで多いのに、未然に防ぐことができないのでしょうか?

 1つ目に、症状と痛みがないから動脈硬化になっていても気づかない。

 2つ目に、血管検査をされている方が少ないので動脈硬化に気がつかない。

 3つ目に、血液検査で安心してしまう。

 血液検査でよい結果がでると、自分は健康だと信じてしまいます。
 ところが、その言葉にあんじてしまうのは禁物です。
 実際、血液検査で健康だと言われた方でも血管がつまって亡くなっている方が
 います。

 以上の3つの原因から、いくら動脈硬化になっていたとしても、
 気づかないから、今、心臓病、脳卒中をあわせて癌より多いと言うことになります。