お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



〜食と健康・34〜 急性緑内障と慢性緑内障


 緑内障を大きく分けると、急性緑内障と慢性緑内障の2つに分けることが
 できます。


 急性緑内障は、急に眼圧が上がります。
 そうなることによって、目以外にも頭が痛くなります。

 急性緑内障の怖いところは、急に眼圧が上がってしまうので視神経が
 切れてしまい早い人だと、2〜3日で失明する人がいます。


 そのときに間違えてほしくないのは、頭が痛いからといって病院に行っても、
 眼科でなければ緑内障とわかることがないため、そのことによって目の光を
 失う人がいることです。

 この急性緑内障は、全体の緑内障に比べて多くはありません。
 ただし、もし、このようなケースがあったときには、眼科にすぐに行かないと
 とりかえしのつかないことになります。

 今、一番多いのは慢性の緑内障です。

 慢性緑内障は、急性緑内障と違って痛みがありません。

 痛みがあるから、急性緑内障でも間違えなければ眼科に行って眼圧を落とすため
 シュレム管に穴をあけて水を出そうとしてくれます。

 ただ、慢性緑内障の場合には痛みがないため、なかなか眼科には行きません。
 痛みがないため、自分は「大丈夫」だと安心してしまいます。

 緑内障は視野が徐々に欠けていきます。
 この欠けてきた視野というのは、鼻側から欠けていきます。

 鼻側から欠けていくということは、どういうことかと言うと、
 左右の目がお互いに目をカバーしながら、目に見えている風景を見ているので
 なかなか、視野が欠けていることに気付きません。

 慢性緑内障は痛みがなく、気がついたときには、もう手遅れということに
 なっている場合がありますので、時間があるときには定期健診に行くことを
 おすすめします。