お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



気になるカラダ、自分でチェック!自宅でできる健康チェック



☆胃のための郵送検診キット☆

痛いと思ってからでは遅すぎる!
日本で最も多いがんで早期には症状がありません。早期発見が大切です。


胃がもたれる、重い、むねやけ、食欲不振など、誰でも一度は経験したことの
ある胃炎の症状。

お薬を飲むと治ってそして忘れてしまいます。
そして、またお薬を飲んで・・・胃炎を繰り返すと、胃の粘膜が変化して慢性胃炎と
なります。

慢性胃炎は、胃の粘膜が萎縮して胃液の酸度が低下した状態をさします。
ストレス、食生活(塩分)、アルコール、喫煙、ヘリコバクター・ピロリ菌(胃の中に
住み着いて慢性胃炎、胃潰瘍を起こし、50歳以上の日本人の8割が保菌)などが
原因として挙げられます。

慢性胃炎による病変は、胃がんの発生母地になるといわれ、胃がんの発生は
胃粘膜が萎縮するのに比例して多くなります。胃粘膜萎縮の有無は、血液中の
ペプシノーゲン値を調べることによって知ることができます。

この検査は、早期胃がんの発見率が、X線検査より優れており、最近胃がん検診でも注目されています。



疾病から命を守る鍵は、早期発見・早期治療!

「早期発見・早期治療」という言葉をよく耳にします。早期に病気を発見し、適切な処置を施すことが
できれば、たとえ重い疾患でも進行を抑制し、完治できる可能性は高くなります。


「早期発見・早期治療」の実現は、日頃の健康チェックから!
「早期発見・早期治療」を実現させるためには、日頃、健康チェックを行っているかどうかがポイントに
なります。がんを例に取ると、2003年度国立がんセンターの統計では、検診(健診)で発見された場合の5年相対生存率は胃や子宮、乳がんなどで80%以上、腸の場合で90%以上という高い生存率を示しています。


郵送検診で、安心感を高めましょう!
「病院」というところは、健常者にとって入り辛い場所。「病気」そのものに対する恐怖心に加え、入院、
治療、仕事、お金などさまざまな心配事が生じ、できれば行 きたくない所・・・。
だからといって検診など、日頃のチェックを怠ると早期発見は望めません。
自宅で手軽にできる「郵送検診」を健常を確認する習慣をつけて、疾患予防、早期発見に努めましょう。



☆検査の手順方法☆

@取扱説明書に従い、検体を採取し問診表に記入します。
      
A採取後の検体と問診表を郵送します。
      
B約1〜2週間でお手元に検査結果が届きます。


☆検診キット☆
胃のための郵送検診キット【ヘルコズショップ】 胃のための郵送検診キット
価格:5,100円

検査はいたって簡単!
自己採血キットを使用し、指先から数滴の血液を、所定のろ紙に
落として郵送します。
血液中の血清ペプシノーゲン値をお調べし、胃粘膜萎縮の状態を
検査します。

約2週間で検査結果をご報告いたします。
検査結果はメールでお知らせすることも可能です
(ご希望のお客様はお申込みの際に備考欄にてお知らせください)