お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



〜食と健康・33〜 失明原因、第2位の緑内障


 目の病気の中で一番怖いのが緑内障です。
 別名「青ソコヒ」と言います。


 緑内障は失明原因、第2位の目の病気です。

 この緑内障は、かつてはキリシャ時代から存在したと言われています。
 緑内障の怖いところは、ギリシャ時代から存在がわかっているにも関わらず
 現代にいたるまで、一切として治療方法がないということです。


 ■緑内障とは・・・
 原因は眼圧異常です。
 眼の中には、小さな穴(シュレム管)があります。
 シュレム管は、常に水が出たり入ったりして眼圧をします。

 つまり、眼の中の圧力を調整しています。
 水が入れぱなっしだったら、眼の眼圧は上がるので、水を出してあげなければ
 いけません。

 ただ、目にも寿命がきて、シュレム管に寿命がくると、シュレム管の穴が
 ふさがってしまいます。

 そうなることによって、水が排出できなくなると、眼圧が徐々に高くなり、
 高眼圧になってしまいます。

 すると、網膜と脳を結ぶ神経が圧迫されて、やがて神経が切れてしまうのが
 緑内障です。
 ですから、緑内障の手術には、シュレム管に穴をあける手術があります。


 ■気がつきにくい緑内障
 40代以上の男女の30人に1人が緑内障にかかっている可能性があると
 言われています。


 その数は、およそ190万人とも言われています。

 しかも、そのうち80%の人は自分が緑内障患者であることを全く気づいて
 いません。

 なぜなら、自分で自覚症状がない、痛みがないからです。
 そして、自分で症状が出てきたときには、もう手遅れになっています。

 手遅れにならないためにも、40歳になったら眼科で定期的に検診することを
 おすすめします。