お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



 仮性近視を治すB〜自宅でできる視力回復療法〜

 眼育総研は、視力回復/近視予防トレーニングを行うお店をチェーン展開して
 おります。

 ご家庭でも視力回復/近視予防トレーニングができるトレーニングキット、
 
眼育ingBOXを新発売いたしました。


 お子さんの近視が心配ではありませんか?
 1日30分の時間を使うだけで、近視が防げるとしたらどうしますか?


 近視は、早く気付けば怖くはありません!
 ほっておくから、手遅れになるのです!知っておくだけでも損はないと思います。

 眼育とは・・・
 眼育とは、「近視をほっておかずに素早く対処し、視力を向上させ、再び近視に
 なりにくい強い眼を育てること」です。

 ■近視になりにくい眼を育てる
 現在の世の中では、近視になる要因が日常に溢れています。

 眼の運動がもともと不足している人たちは、受験時の勉強や長時間のモニター
 作業などの悪条件の元では、ますます運動性が不足し、比較的簡単に近視に
 おちいります

 しかし、子供時代によく眼育(めいく)を行った方は、眼の機能を発揮する下地が
 できています。
 近視になりやすい条件下にあったとしても、眼の身体感覚が育っているため、
 そうやすやすと近視にはなりません。

 運動の習慣のない人ほど生活習慣病にかかりやすく、普段から運動する習慣が
 ある人が生活習慣病にかかりにくいのと、同じ理由です。

 眼育(めいく)を行えば行うほど、視力が回復するだけでなく、
 後に再び近視になりにくくなる理由は、そこにあります。


 眼育の真の効果
 眼育(めいく)の効果は、視力の向上だけではありません。

 真の目的は、「眼の総合的な能力」をつけることです。

 眼の総合的な能力を、眼力(めぢから)と呼んでいます。
 視力の向上は、眼力(めぢから)がついた結果として現れる、ひとつの現象に
 すぎません。

 どんなやり方でも、一時的には視力が上がることもあります。
 しかし、また落ちてしまうことも多いのです。

 眼力が大切な理由は、向上した視力を再び落とさないようにするためです。
 そのためには、普段の眼の使い方が大変重要で、眼力がつくと、日常の眼の
 使い方がとても良くなるのです。

 眼育とは、子供時代に眼力をつけ、日常生活で眼のあらゆる機能を
 よく使う下地を作ることによって視力を向上させ、悪環境でも機能が
 衰えにくい、本能的な力を育てることを目的としているのです。




*ご家庭でも視力回復/近視予防トレーニングができるトレーニングキット、眼育ingBOX
こちらから。