お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



  〜食と健康・9〜 酵素を食べる期間


 酵素はいつまで食べればいいのか?

 みなさんは3度の食事はいつまで食べますか?
 3度の食事は、一生食べると思います。

 では、3度の食事は何のために取りますか?
 一つは栄養を3回取るためにあります。

 では、栄養はいつまで取りますか?
 酵素は栄養を身にして、体質をつくるものですから、酵素も当然、理想で言えば
 一生取る方がいいですが一生食べ続けるのはむずかしいと思います。

 体のことを考えたら、最低でもこの期間だけは食べ続けた方がよいという
 内臓が変わるという期間があります。

 酵素は新陳代謝するところによいと言われています。
 人間と言うのは体の場所によって代謝する期間が違ってきます。

 爪の場合、
 爪をはがすと爪が生えてきます。
 これは、爪が新陳代謝を行うから、新しい爪が生えてきます。

 つまり新陳代謝する所によいのが酵素なので、爪も当然、酵素があれば
 きれいな爪に変わるということです。

 では、爪は一度はがすと、どのくらいで元通りになると思いますか?
 新陳代謝の期間は爪の場合、どのくらいか?
 爪の場合、約60日間と言われています。

 ところが人によって、体の酵素があるか、ないか、2ヶ月間酵素を足した人、
 足していない人とでは、全然、爪の色、つやが違うそうです。
 だから酵素を食べている人は、爪がきれいになってきたり、爪の伸び方が
 早くなります。
 爪が早く伸びると言うことは新陳代謝がよいということになります。

 肌の場合、
 お肌も代謝を行います。
 その証拠に人によって、酵素の数が違うために肌にできる状態が変わります。
 例えば、しみ、しわ。
 しみ、しわ、そばかすの数は人によって違うと思いませんか?

 これは、歳のせいではなく、全部代謝できているか、できていないか、
 つまり、酵素の違いということです。

 では、肌はどれくらいで代謝が完了するのでしょうか?
 お肌は約28日くらいで完了すると言われています。
 ただ、肌だけで酵素を考えるのであれば、一ヶ月酵素をしっかり食べれば、
 ある程度、肌はきれいになってくることがわかります。

 体の中で一番、代謝が長い期間はどこか?
 これは、骨です。
 毎日毎日、代謝を繰り返して、いい骨が丈夫にできます。
 骨の代謝は1年から1年半くらいかかります。

 実際に体の中に骨まで酵素が届かなくなって、代謝が悪くなってくると
 今、多いのが骨の病気で、骨粗相証になります。

 酵素は万能ではありませんが、代謝する場所には働いてくれるのが
 酵素の魅力のところです。

 では、酵素はいつまで食べればよいのかと言うと、
 酵素は酵素不足の前ぶれ症状を少しでもなくして予防するために食べます。
 つまり、酵素不足の前ぶれ症状が何の原因で出るのかと考えると
 内臓の代謝が悪くなって、前ぶれ症状が出てきます。

 つまり、内臓の代謝が終わりきるまでは、しっかりと酵素を足してあげないと
 いけません。

 内臓の代謝期間。
 胃・・・40日で代謝が完了する。

 胃が荒れている、弱い人でも40日間酵素をしっかりと足してあげれば、
 胃のむかつき、胃もたれ、などは40日間で解消できると言うことになる。

 では、内臓で一番代謝の期間が長い臓器はどこか?
 肝臓・・・120日で代謝が完了する。
 肝臓が最も代謝の期間が長いと言われています。

 つまり内臓が新しく変わりきる期間は、120日間必要ということになる。

 最後に、酵素はいつまで食べればよいのかと言うと、
 当然、内臓の代謝が変わりきるまでの4ヶ月間は、しっかりと酵素を
 取り続けた方がよいということになります。