お気楽abc.
良食健康
生活
HOME
はじめに
リンクについて
サイトマップ



  〜食と健康との関係〜 病気の多い時代


 最近、よく健康を取り上げた番組が放送されています。
 たとえば、「あるある○辞典」、「おもいっ○りテレビ」、「本当は怖い○庭の医学」
 などがあります。

 このように、健康を気にする人が多いことがわかります。
 それだけ、今の時代、病気の数も昔と違って多くなっているようです。
 昔の病気の数は404種類と言われていますが、今の時代の病気の数は、
 なんと、30万種類と言われています。

 ほかにも、昔と変わってきたことはあります。
 今は、町を歩けば大型の薬局スーパーがたくさんできたと思いませんか?
 昔の薬局は「薬」と漢字一文字で書かれていましたが、
 今の薬局は「クスリ」とカタガナで書かれているところが多いです。

 でも、この「クスリ」を逆から読むと「リスク」を読むことができます。
 そうです、クスリの取りすぎると言うことは、副作用と呼ばれるリスクも
 付いてまわります。

 昔の人はあまり薬というものには、たよらずに生活していました。
 今で言う、「おばあちゃんの知恵」と呼ばれるものです。

 たとえば、熱がでたらどうしますか?
 今では、「バファ○ン」、「セデ○」などのクスリを飲みますが、
 昔は、梅干を使ったみたいです。
 梅干を目元に貼ると、熱が引いたといわれます。

 また、このような時はどうするのでしょうか?
 赤ちゃんなどの小さいお子さんは、なんでも、口の中にものを入れてしまいます。
 あやまって、口の中に洗濯洗剤を飲み込んだ時、あなたならどうしますか?

 まず、救急車を呼びますが、救急車はすぐ来てくれるとは限りません。
 救急車が来るまでの間にあなたならどうしますか?

 ここで、「水」を飲ますと答えた方は、間違いです。
 「水」を飲ませてしまうと、おなかの中で泡だってしまいますよ!

 正解は、「牛乳」を飲ますです。
 牛乳が胃内部に粘膜を作り、洗剤の刺激から守るという働きがあるみたいです。

 このように、食べ物には薬と同じような働きがあることを、
 「食効」を呼びます。
 「食」と「健康」について、ここでは記載していければと思います。